オフィスにおけるパーテーションについて

風通しの良い職場環境ながらプライバシーも配慮できることが利点

仕切りの無い一部屋に多人数で働くことのメリットとデメリットパーテーションでプライバシー空間を確保している風通しの良い職場環境ながらプライバシーも配慮できることが利点

二人で向き合い、周りを気にせず腰を据えてお話をうかがうことによって、来客者の方本音やありのままの現状を理解することができ、ひいては、その来客者の方により寄り添ったサービスの提供につながったなと実感することも少なくありません。
また、逆に私が上司の方に相談を受けていただいた経験もあります。
具体的には、私の妻が妊娠した際に、その状況や産後の休暇取得の希望について相談したり、あるいは自身のキャリアプランや異動希望先について上司の方とじっくりお話しさせていただきました。

いわゆる風通しのよいオフィス環境を醸成するという意味においては、仕切りのない空間というのはとても好ましい効果を発揮します。
そして、そのような風通しのよい職場環境を維持しながらも、一方では職員一人一人のプライバシーにも配慮した空間を同時に保持することができるという点が、パーテーションがもたらしてくれる最大の利点と考えています。